Japanese BP

Sustainability Header

ザッポスがたくらむ、ラスベガスダウンタウン再生計画

「顧客にワオ!を届ける」のスローガンのもと、顧客へのいわゆる「神対応」で急成長した靴のオンライン小売、ザッポス。
気鋭の起業家、トニー・シェイ氏が率いるザッポスは、2013年に本社をラスベガスに移転しました。

ラスベガスというとカジノを思い浮かべますが、ザッポスが移転したのは、実は旧ダウンタウン。今はすっかりさびれている地域なのです。なぜこんな場所に?



しかしそこがトニー・シェイ氏のユニークなところ。

彼は、私費も投じて、ダウンタウンの改造計画に乗り出しているのです。

ダウンタウン再生といっても、ハコもの行政的な、「〇〇を誘致」「〇〇スタジアムを建設」の類では全くありません。

シェイ氏とザッポスがもくろんでいるのは、「おもしろい人」「才能あふれる人」「優秀な人」「情熱のある人」「なんだかわからないけれど、面白いことが好きな人」などが磁力に引かれて集まってきて、出会い頭に「何かおもしろいことやろうよ!」と盛り上がり、そしてそれを成し遂げてしまうようなコミュニティを作り上げることなのです。それをシェイ氏は、Serenpidity(偶然の発見、偶然の出会い)と呼んでいます。

 



しかしもちろん、値千金の「偶然の発見」などが、そこらじゅうに転がっているわけではありません。そのコミュニティに属している人たちがみんなおもしろいからこそ、誰とであっても偶然の面白さがある、ということなのです。シェイ氏はこのプロジェクトにお金もたくさん出していますが、彼自身がものすごい磁力を持っているらしく、彼に出会ったことによってラスベガスにやってきてしまった、という人も大勢いるそうです。投資の対象は、「建物」ではなく、「人」。だから、新しいビルは建てません。全部居抜きです。タランティーノの映画に出てきそうな、70年代風のちょっとうらさびれたビルを、上手にリノベートして使います。



ザッポスの本社は、見学ツアーによって一般にも広く公開されていますが、ダウンタウン再生プロジェクトも(DTP)、ツアーに申し込むことができます。集合場所はこんなカフェ。といっても、コーヒーを出すのが目的の場所ではありません。ここに住む人たちが寄り集まって、仕事をしたり、ミーティングをしたり、ディスカッションをしたり、何かイベントをやったりすることのできる場所。こういった場所を、DTPはダウンタウンにたくさんつくりだしています。

 



ここは、Learning…
April 14, 2015/by zero = abundance

サステイナブル・ブランズ会議 プログラム

April 14, 2015/by zero = abundance

「コモディティ化の罠」

March 5, 2015/by zero = abundance

サステイナビリティ 地球編 後半

May 18, 2014/by zero = abundance

ベネフィット・コーポレーションというビジネスのあり方

現在アメリカの7つの州で法的に認定されている、「ベネフィット・コーポーレーション」という新しい法人形態があります。この法人形態では、企業が社会貢献や環境貢献をすることが「企業のミッション」として認められます。ベネフィット・コーポレーション、という選択をすることにより、企業は経済的な利益追求だけでなく、社会・環境への貢献という利益を追求してもよい、というお墨付きを与えられることになります。現実には、企業が必ずしも金銭的な利益にならない取り組みを社会貢献、環境貢献のために行おうとする場合、「株主の利益を損ねた」として株主から訴えられる、というリスクから企業を保護してくれる制度といえるでしょう。

<a…
April 10, 2013/by zero = abundance

バングラデシュでまた工場火災

今やアパレルの一大勢力である「ファストファッション」を下支えしている、バングラデシュの縫製産業。劣悪な労働条件と低賃金が、惨事が起こる度に問題になります。そんな中、バングラデシュ史上最悪といわれる悲惨な火災がRana…
April 8, 2013/by zero = abundance